2018年05月27日

『かぎっコ ろんりぃ』最低動作環境(実機確認)。

『かぎっコ ろんりぃ』は予告開始してから3週間、発売まであと2週間となりました。

当初の発売候補日の筆頭だった6月1日(金)は、家庭菜園の独自調査によると何やら大作RPGやらアニメやらが重なりそうなヤバめな感じになってるのを横目に、『かぎっコ ろんりぃ』の発売日の6月8日(金)は何も重なってくれるなよ・・・・・・とgkbrしながら日々すごしています。
l-only_ban500sq02.jpg

予告でのお気に入り登録数は伸び方こそすっかり落ち着きましたが、いつのまにやらDLsiteさんでは登録数700を超えるという家庭菜園にとって前代未聞、DMMさんでの登録数を合わせると900オーバーになっています!
002.jpg

家庭菜園の中の人はもはやぬか喜びで小躍りなんてレベルじゃなく期待していますので、発売日の6月8日(金)もどうぞぽぽぽぽーん!・・・とカート投入&お買い求めヨロシクオネガイシマス!

今年は4Kモニタがほしい!・・・・・・5万円くらいの(謙虚)。



さて今日の本題、『かぎっコ ろんりぃ』の動作最低環境について。


家庭菜園にとってFlashを全面的に廃して初めてのリリースとなる『かぎっコ ろんりぃ』は、何処で何が起こるのか不安なので厳重に動作検証をしています。

その中で「10年前後の古い環境では動かなくなるのではないか」という懸念があり、今までの動作最低環境ではもしかしたら動かないかも・・・・・・と考えていましたが何の問題もなく動いてしまいました(条件付き)。
100.jpg
(↑)コレがその実機なのですが、2006年製パナソニックのビジネスノートPC。

Intel Core Duo 1.5Ghz搭載で当時としてはそこそこの性能は持っていましたがビジネスノートということでグラフィック面においてはド貧弱で、それでアニメーションを多用してる家庭菜園のソフトを動かそうというのは無茶な注文だと思ってたものの、むしろ今までのFlashを使ってた既刊よりも快適に動いてる印象すらあります。

なお、メモリに関してはデフォルトで512MBだったものを1.5GBまで増設してあります。

12年前の製品で干支が一回りしてるPCが未だ問題なく動いてるのはさすがタフを謳ってるパナソニックのノートPCシリーズ。
今後もぶっこわれるまで家庭菜園の最低動作環境チェック機材として活躍してくれることでしょう。


「条件付き」と書いた理由はmp4ムービーの再生に関連するもので、WindowsXP当時のムービープレイヤーやブラウザではmp4ムービーには対応してません(mp4規格が標準化する前、特にh264規格が無かったので当然です)。

このため「WindowsXPにインストールできるmp4対応のムービープレイヤーやブラウザがあれば動作する可能性があるし、家庭菜園での実機確認では動作しました」と、ここでは表記しておきますが、ショップさんとかのサポートOSの表記はWindows7以降にしてあります。

MicrosoftがWindowsXPのサポートを切ってる以上、家庭菜園も「サポートできます」とは言えませんので・・・・・・。
l-only_ban_big.jpg

MacについてもMacOS10.6以降で実機動作確認済みです。
003.jpg
ただ、ファイルサイズが3.8GB程度あって大きいため、販売が分割ファイル方式になるのでその展開・結合の都合でショップさんの表記からMacが外れる可能性はあります。

でもMacでちゃんと動くもん!


孤独で寂しい金髪ハーフの"ろんりぃ"ちゃんとラブラブちゅっちゅ!
総尺120分以上、動画枚数1700枚以上でお贈りする
フルヴォイス・手描き動画アニメ『かぎっコ ろんりぃ』

2018年6月8日(金)発売予定
予価 1800円(税別)
posted by 家庭菜園 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | かぎっコ ろんりぃ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183339604

この記事へのトラックバック