2019年10月11日

作業用PCをWindows機材に乗り換え。

Macを使い続けて十数年。

間に止むを得ない事情でちょっとWindows機材も挟まった以外は、社会に出てからの会社の仕事、そして家庭菜園の作業のほとんどをMacOSでやってきました。

・・・が、アニメの制作に欠かせない(主に仕上げ部門で)RETASシリーズのメーカーであるクリスタでおなじみのCELSYSが「MacOS 10.14以降はでは動かないよ!更新ファイルも出さないよ!」ってMacのサポート終了宣言を出してしまったので、RETASを使う以上はMacでの機材更新が不可能になりました。

今後クリスタで代用しろって事でしょうが、RETASのスキャン&トレスモジュール「TraceMAN」に相当する機能が現時点のクリスタには無いため動画用紙に作画をするとなると代用不能です。

アニメ制作がデジタル化した際に作画以外はほぼ強制的に移行を強いられましたので、20年のタイムラグを経て作画に強制デジタル化の波が来ているのかもしれませんね。
012.jpg
家庭菜園は完全自己資金で自前で制作して自前で回して自前で販売してるので「ただちに影響はない」ため、本当に必要に迫られるまでは変わらず紙作画を続けて仕上げパートでRETASを使い続けなければいけません。


そんなわけでWindowsに作業環境移行をしてます。
012.jpg
以前Windows機材を使ってた時期に性能に目がいきすぎて爆音PCになったので、あんなのは二度と御免だから静音(=性能至上主義な無茶な組み方をしない)をウリにしてて多少高くなっても信頼のおけるパーツで構成すると評判のサイコムさんに発注。

プレミアムラインという性能と信頼性と静音性のバランスをとったというよさげなシリーズがあったので、小さいやつをベースにBTOしました。
010.jpg
ベース構成から変更したのは下記の通り。

マザボ : ASUS PRIME Z390M-PLUS
CPU : Core i7-9700K
GPU : ASUS ROG-STRIX-RTX2070-O8G-GAMING
RAM : Ballistix Sport LT DDR4 64GB (16GB*4)
起動用SSD : WD Black 1TB (M.2 PCI-E)
作業用SSD : Crucial 2TB (SATA)
電源 : Fractal Design Edison M 750W
OS : Windows10 Professional


PCゲームは一切やらず個人で2Dアニメを作る作業用PCとしてはやや過剰性能気味に組んでもらいましたが、「最低5年、できれば7年以上は現役で使っていられるもの」という明確なビジョンがあったので、現時点では宝の持ち腐れでも数年後に後悔しないようにしてあります。
013.jpg

メモリ64GBは普通にやったらかなりお高くなりますけどサイコムさんにはボーナスセール期間があるのを知ってたのでそれを最大限利用して16GBメモリ10000円引き=4枚で40000円引き、さらにグラボも13000円引きになっているお買得価格で増強できました。
015.jpg

起動用OS+アプリケーション領域と作業用領域は完全に切り離して物理的に別のSSDにしてあります。

起動用領域に1TBも必要ないのは分かっていますが、容量が大きいSSDの方が書込み寿命であるTBWが多く確保されている上に容量に余力が多ければ多いほどエラー補完の予備領域が多く取れて長寿命化できるという理由。

作業用は2TBもあれば近年ファイルサイズが巨大化してるとはいえ3〜4作分の制作データは余裕で入れられるし、常時バックアップを取るのでバンバン使って寿命が尽きても問題ない、起動用SSDが逝かない限りは何度でも簡単に蘇らせられるという割り切り。

バックアップは外付けHDD(バルクのHDDをスタンドに立てる方式)で二重に取る体制。
HDDを内装にしないのはPC内部温度の上昇を避けるのと電源ユニットの保護が理由。
014.jpg
HDDはSSDに比べて消費電力が高い上にアチアチになりますからね、特に夏。

さらに、デフォルト設定だとほとんどのソフトのキャッシュは起動用領域に書き込まれてしまいますが、特にAEとかの映像系のレンダリングキャッシュはあっという間に数十GBとか食い荒らすので、これはどげんかせんといかんとキャッシュ専用に値ごろな250GBのSSDを追加してあります。
016.jpg
250GBだとTBWも大したことないんですが、これは寿命が尽きたらバンバン交換するという使い捨てと割り切っていて起動用SSDの長寿命化が最優先という考え方。

過保護なくらいに起動用SSDと電源という根本部分に気を使っています。


OSをWindows10 Proにしたのは、Homeだと勝手にWindows Updateがかかってしまい不具合とか出まくるのを防ぐためです。

作業用PCでは「ちゃんと動いてるモノは触るな!最新機能より安定を取れ!」がボクのPCに対する基本思考になっていますし、なにより今回はMacのOSアップデートでRETASが動かなくなるからWindowsに移行したわけで・・・。


作業用PCというおともあり自作PC界隈で流行り(?)のエレクトリカルパレードにするつもりは全くなかったんですが、グラボがなぜか光るんですよ。赤く。
018.jpg
どうもBTOで変更したグラボがゲーミング仕様だったらしく、緩やかに赤く明滅を繰り返す邪悪な胎動を予感させる仕様になってる・・・らしい。

強化ガラスサイドパネルのケースだから丸見えで目立つ目立つ。
020.jpg
サイドパネルを強化ガラス仕様にしたのは「内部にGが入り込んだりキノコとか生えたりしたときにすぐ分かったほうがいいじゃん!」というアドバイスだか冗談だか良く分らんれかみえさんの言があっての決断。


機材面以外の部分でもMacからWindowsへのソフトウェアやプラグインの移行はほぼ終わり、問題も起こったけどほとんど解決済みです。
working.jpg
ボク自身の慣熟訓練もしなきゃいけないので8月からは意識的にiMacちゃんの電源を入れない日を作って無理矢理にでもWindows機で作業をする日を徐々に増やし、9月中旬あたりからはほぼ全作業をWindowsで行っています。

次回作である『ゆーわく!にゅーよく!あねっくす!!』の作業が遅れ気味なのはこの無理矢理慣熟訓練の影響が出ているわけですが、ある程度普通に操作できるようにはなったので、これからモリモリ作業して遅れを取り戻・・・・・・せるといいなぁ(弱気)。

ただ十数年かけて染み付いたMacのキーボードの操作感だけは抜けず、Windows用のキーボードのキー配列を入れ替えてMac風味にして使っています。
021.jpg
左下の4つは「Alt、Ctrl、Ctrl、半角/全角」になっててMacの「Option、Command,英数」を模してあり、Windowsキーは右下に追いやってあります。

脳みそまで脱Macできる日はまだ遠いですね。





posted by 家庭菜園 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | どうぐ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186662705

この記事へのトラックバック