2016年08月04日

制作用機材更新で環境移行。

事の始まりはAdobe CSシリーズからAdobe CC 2015への移行。

MacPro Mid2010環境にAdobe CCをインストールしたところ、何をどうやってもAfterEffectsCCを筆頭に起動しないとか正常に動かないといった状態に陥るソフトが複数出てしまったんですorz

ただ、当然のことながらAdobeが示している動作環境は機械的(MacPro mid2010)にもOS的(10.10)にも満たしてますし、あと考えられる事といったらシステムの内部的なこと。

このMacProのOS内部はG4の頃からターゲットディスクモードで環境移行を繰り返していて、G4→G5→初代MacPro2006→MacPro2010…という具合に継ぎ足し継ぎ足しして現在に至っているので、内部がグチャグチャになっていて(実際に使っていないであろうゴミファイルがシステム内に山のように存在してます)それの何かが競合や干渉を引き起こしてるのが原因なのではないかという結論に至りました。

そうなるとクリーンインストールしてしまうのがまず真っ先に思い浮かぶわけですが、個人的なチキン性格として「最低でもCSシリーズでは確実に作業できてる環境なのにそれを潰すわけにはいかない」というのがあるので、この選択肢は選べません。

また、6年前の機材ということで以前から更新を視野に入れていたということもあり、この際だからもう色々面倒くさいことを放棄して新機材を導入してMacProは完全稼動状態を保った予備機にすることにしました。

それとビスタサイズでの制作になってモニタもフルHDでは手狭になっているので、これもWQHD以上のものに更新する前提で検討することに。


そして導入したのが……iMac 27 Late2015 Retina 5K
001.jpg
G4最終型からずっとフラッグシップのMacを使ってきて、今回MacProからミドルエンドのiMacにダウングレードという選択をするのには少し勇気が要りましたが、現行のゴミ箱MacProには太刀打ちできないのはともかく、現行のiMacならさすがに6年前のMacProの性能には負けはしないだろう、と無理矢理自分を納得させました。


正直なところ、モニタとの一体型の機械を使うのにはリスク管理的に抵抗があります。

ただ、現状の分離型ではゴミ箱MacPro2013しか選択肢がなく新品でも3年落ちの機材であること、欲しいスペックをBTOをしたら50万円以上コースでさらにモニタで10万円以上の最低でも60万円以上となると負担が大きすぎる。

だったらもう現時点では最高スペックのモニタが付いてて実用面で問題ない程度に性能はそこそこで割り切ってメモリ足して30万円なら一体型でいいかー……という気に最後にはなってしまいました。
002.jpg
店頭で売ってる吊るし(Apple CTOじゃない)のiMacの中ではシリーズ最上級の27インチ Retina 5Kの中でもさらに一番上の「松」だし……と。
(もちろんCTOで盛り盛りにする事も視野には入れたのですが、レンダリングで一晩二晩放置することもあるのに、一体型のこの筐体にCore i7をぶちこむのには排熱面から来る耐久性への不安もありました)


リスク管理の観点では、万が一の事態になっても最悪MacProで旧環境が動かせる状態は保てるから急場はしのげるという思惑もあります。


iMacについては、Appleのアナウンス通りに秋に新macOSがリリースされ、それに合わせて当然アップデート版の新iMac(と、もしかしたらMacPro)が出ると思われますので、今は現行のLate2015のiMacが買い時ではないのは百も承知です。

でも今このタイミングであえてiMacを導入したのは(ゴミ箱MacProを買えないという金銭的なことはもちろんですが)現行のMacOS 10.11で作業用ソフトの互換性の可否の検証が全部済んでる(以前MacProでクローンの起動ディスクを作ってえるきゃぴタンをぶちこんだ際に動くものと動かないもの、動かないものの対策もひっくるめて全部確認した)のに、これ以上待つと新OSでどーなるかわからない、検証作業のやりなおしが必要になってしまうという理由が7割くらい。

また、半年くらい前にれかみえさんが全く同じiMacを買って問題ないどころか快適に使えていると聞いてるのも大きかったです(れかみえさんはMac miniからのアップグレード乗り換えだからことさら恩恵があったでしょうし)。
007.jpg
遊びで使う分には最新機種を追うのもまた一興ですけど、制作環境として考えると信頼性と安全性が最優先になるので、リリースからある程度時間が経ってこなれた機種を選択するべきというのは会社にいた頃の経験でそりゃもう文字通り身にしみて痛いほどの経験則です。


ここまでが6月下旬〜7月上旬の話。


で、ソフトの動作検証やら動作確認やらプラグイン系の互換性確保やらで約1ヶ月使ってみたところ、プラグインやソフトの細々とした互換性以外は問題らしい問題は発生していませんが、今まで機材更新のたびに感じたマシンスペック的な感動はモニタが広いという事以外はほとんどありませんでした。
003.jpg
でもAdobe CCをはじめとしたいろんな作業用ソフトをぶん回してみたら、今までのMacPro Mid2010との差はほぼ感じなかったので過不足なしといったところでとりたてて不満もありません。

強いて言うなら作業用のディスクが全部外付けになって若干面倒くさいということ(これは現行のゴミ箱MacProにも言える事ですが)くらい。



さて、その作業用ディスクの件が今回の環境移行を考えるにあたってある意味一番の問題で、どーしてもUSB3.0に対する信用ができない(理論値的な意味も含めて)ため、Thunderbolt2を導入しました。
007.jpg
Thunderboltは普及してないせいかそもそも部品お値段が高いのか、HDDのガワだけでもン万円するものしかなく、裸族のお立ち台のようなお手軽刺すだけタイプでも数万円します。

ただ、快適に作業するためには作業用ディスクで妥協するわけにはいかないため、5万円オーバーのこのガワを購入。

AKiTiO Thunder2 Duo Pro
004.jpg
お高いものなので使用者レビューを探したのですが、海外のメーカーみたいでほとんど国内でのレビュー情報がなく、台湾のユーザーさんのレビューを翻訳しながら検討。

最終的に国内販売実店舗が秋葉原にあると知っていざとなったらサポート頼みに行けばいいやということで決定。


HDDを2台格納できて、Thunderbolt2が2ポート+USB3.0とHDMIが各1ポート、さらに自分では使わないけどRAID対応。

中に突っ込むHDDは信頼の日立の4TBを2つで計8TB。
005.jpg
本当はSSDにして初めて真価を発揮するんでしょうけど、さすがにテラ単位のSSDを2台ぶちこむようなお金はありませんし、HDDでも7200rpmだしSSDとガチ比較しない限りは問題ないかと思います。

さてこのAKiTiO Thunder2 Duo Pro、ガチャベイではなく閉じ込め式のガワながらドライバ不要なネジを採用しててすごくアクセサビリティが良いです。
009.jpg
排熱ファンのon/offスイッチが付いてる(室温25度までならファン不要な設計らしい)などプロ現場を意識した造りになってると感じました。

ちなみにRAIDモード切り替えダイヤルは初期状態ではnon-RAIDになってて初心者ユーザも安心。
006.jpg

これをThunderbolt2のケーブルでつないで超高速ストレージ環境の完成。
011.jpg
このほかにもフルバックアップ用のHDDとか作業用以外の外付けHDDとかをUSB3.0接続でつないで、最大で計18.5TBがこのiMacで利用可能(メインの10TB以外は普段は電源切ってあります)。

WDの赤のHDDに比べると日立の赤はアクセス時にゴリゴリ音が出ますね……。


移行元のMacProに関しても完全稼動状態を保ってモニタにつないであります。
012.jpg
AEに関してはしばらくはCS6とCCを併用していくため、Adobe CCで利用可能になったCS6のライセンスと元から持ってた単品のCS6のライセンスがあるので、iMacでプロジェクトをじゃんじゃん作ってMacProで書き出すということも可能になり、切羽詰まってきた時のための精神的な余裕にもつながる気がしています。





ここまでたどり着くまでにはここに記述していない凄まじい数の問題が発生していて、その対処やら出費やら心労やらで本当に疲れ果てました。

この先は次回作の実戦作業になってまた色々と細々な問題が発生するとは思いますが、大枠では信頼性の確保ができたと認識しているので、あとは制作に集中したいです。


(`・ω・´)ライトニングボルト!


******

AfterEffectsCS6からCC2015へ移行して、CS6で作ったプロジェクトをCC2015でレンダリングする際にヒツジが鳴いてエラーで書き出せない方へ。

もしかしたらCS6のエフェクトの「ブラー(滑らか)」が原因の1つのかもしれません。

CC2015には「ブラー(滑らか)」エフェクトが無いのですが、プロジェクトを開く際にエフェクトが無いというダイアログは出ず、プロジェクト上でもなぜか「ブラー(滑らか)」が読み込まれている状態になっていて、なおかつブラーエフェクトもかかっているので一見正常なようなのですが、少なくとも自分の環境ではこの状態で書き出すと何回やっても違うプロジェクトでもほぼ確実にヒツジが鳴きました。
(書き出し中に羊が鳴くフレームの場所はその都度マチマチです)

「ブラー(滑らか)」を削除したり他のブラーに置き換えたら書き出しに成功してヒツジを黙らせられました。

Adobeのフォーラムにも見当たらないですしレアケースかもしれませんが、同じような状態に陥ってしまい自分みたいに困ってる方がいらっしゃるかもしれないので、参考までに一応ここに備忘録的な意味も含めて書いておきます。


この推定にたどり着くまでに一生分のヒツジの鳴き声を聞いた気がします。
羊こわい(´;ω;`)

******





ついき。
posted by 家庭菜園 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | どうぐ

2015年12月10日

ゴミ箱の新型はいつ出るのか。

家庭菜園の絵描きじゃない方の作業環境は「MacPro Mid 2010」という5年前に最新最強だった(過去形)Macなわけですが、5年経ってしまえば最新型のセールストークの比較対象にすらしてもらえないMac界隈。

しかもOSも買った当時そのままのMacOS 10.6ということで、もうソフトベンダーの方がこのバージョンを動作環境から切り捨てまくってくれてるおかげでソフトのバージョンアップすらままらななくなりました。

というわけで仕方なくOSのバージョンを現行の「OS X 10.11 El Capitan」(通称:えるきゃぴタン)に上げたわけです。
012.jpg
・・・・・・が、いきなりOSのバージョンを5つも上げたもんだから、今までバージョンアップごとに少しずつ変わってきていたOSの挙動が激変してしまったように感じるのか、はたまた5年前の最強の称号はやっぱり過去の栄光なのか、微妙に操作フィーリングがもたつくように感じられるような違和感でこまごまとしたイラつきが・・・。

こーなっちゃうと現行型の所謂「ゴミ箱MacPro」に買い替えるか、どうにかして延命してきちんと動く環境を作ってやるかの2択を迫られるわけですが、ゴミ箱は必要なスペックを揃えるとお値段40万円からという絶望的な高級品。
014.jpg
ホイホイと買い替えられるわけもなく、また登場から2年経っているのでそろそろ新型が出そうだし今は買い時じゃないのは明らかですし、いま使ってる環境で延命策をとるのが金銭的にも精神的にも得策と判断。

だいたいMacProはいつもオーバースペックなんだよ早くミッドシップの分離型出してよ(買えない負け惜しみの愚痴)。


ということでまずは起動ディスクをSSDに。
001.jpg

今まで2.5インチのストレージを触ったことがなかったので小ささに驚き。
002.jpg
ほぼiPod touchと同じくらいの小ささと薄さで不安になります(大艦巨砲主義者)。

で、MacProにストレージを設置するのは専用のマウンタを介するわけですが、この専用マウンタが3.5インチディスク専用なので2.5インチのSSDは接続不能。

一応SSDにも3.5インチ変換マウンタが付属しているものの、MacProの専用マウンタはこんな感じに特殊なネジ位置なので互換性がありません。
003.jpg
しかも所定位置にストレージを装着しないと接続できないというMacProの仕様上の問題も・・・。


そこで登場するのがMac専門店の秋葉館の「MacPro専用2.5インチ→3.5インチ変換マウンタ」というピンポイントなマウンタ。
005.jpg

こんな感じにピッタリの位置に設置できる便利アイテム。
006.jpg

ただ、このマウンタを置くのには少しコツが必要なのと、MacPro付属のゴムワッシャーを使うのにこのゴムワッシャーが経年劣化で硬化してしまってたのも合わさって悪戦苦闘しました。
007.jpg
ぐいぐい押したりで指を痛めつつ設置完了。


起動。
010.jpg
おおお・・・速いぞ。

一瞬って程じゃないけど今までと比較してかなり速い。

しかも操作フィーリングにストレスが無くなった。
おまけになぜかモニタ上での描画遅延(Cintiq 13HDをディスプレイポートに差してデュアルモニタ状態にしてから遅延するようになってた)が無くなった!

グラボの能力不足のせいだと思ってたけど犯人はHDD、お前だったのか・・・。

011.jpg
ソフトの起動も目に見えて速く、動作も快適になってます。


内部情報も「ソリッドステートドライブ」に表示が変わってました。
013.jpg


換装作業が終わってMacProに付属していたネジが余るわけですが、コレを捨てたり無くしてしまうと新型購入資金のために売却するまた3.5インチのHDDなどに換装したりする時に困ります。
008.jpg

適当な場所にしまっておいても忘れるだろうし・・・ということで本体内部に収納。
009.jpg
G5の時からエアフローのために内部スペースに余裕がある設計は優秀!


延命策としてあと出来る事といえばグラボですかね。
014.jpg
積んでるのが「Radeon HD 5770」という4世代くらい前の代物なのでここも何とかしたいのですが、Mac対応品じゃないものを差すと起動画面でリンゴマークが出なくなる・・・起動ディスクの選択画面も出せなくなるっぽいのでそれは困る。

グラボについてはSSDに換装してなぜか描画遅延が無くなったのであんまり困ってないし、レンダリングするにしてもどーせ寝てる間にやるからいいかなー・・・と。

商業アニメ屋さんと違って時間に追われてたり色んなタイトルの仕事を平行して作業してるわけでもないですし。

メモリは4GBが6本、2GBが2本の計28GBで、この2GBを4GBに換装する程度だったら金銭的にそこまで負担ではないけど、24GBから28GBに増やした時にほとんど差を感じなかったので優先度はかなり低め。

今でも持て余してるくらい充分な搭載量という気もします。



ゴミ箱MacProに買い替えるとなると、内部ストレージはSSDが1台だけで内部増設も不可能だから到底足りるわけでもなく、だからといってレンダリングデータをUSB接続の外付けディスクに流し込むのではいくら機材が良くても転送速度がボトルネックになるのは目に見えてるので、どうしてもThunderboltのストレージが必要になってくるのですが、そのThunderbolt対応製品が現状では滅茶苦茶高いという問題があります。

FireWireみたいにほぼAppleしか使ってない規格になりそうだから、これから劇的に値段が下がるというのも期待薄ですし、旧型MacProを延命してあと5年くらいは使い続けるのが妥当なのかな・・・とか色々考えてしまいます。



だそく。
posted by 家庭菜園 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | どうぐ

2014年03月19日

インツヨスさんがやってきた。

昔からの手癖でPaintMANではFavoを使っていますけど、Wacomさんのラインナップから消えて久しい上に、ちっこいタブレットがintuosブランドに統一され、互換性も皆無になってしまったし、消費税が上がる前に・・・と移行。
001.jpg
(*写真内の画像は制作工程上仮色を多用してるため実際の製品版とは異なります)


一番お安いintuos pen。
002.jpg
見た目はFavoやBambooとはうって変わってえらい男前になったもんです。

薄いし段差が少ないしですっごく使いやすい。

おまけにFavo当時とお値段がほとんど同じなのに検出精度とか上がってて、思い通りに動いてくれます(Favo比)。

ついでに・・・というか、自分の環境だとケーブル長がまったく足りないので無線キットを導入してワイヤレスにしました。
003.jpg
6時間くらいぶっ通しで使ってもバッテリーはビクともしません。

実際の連続稼働時間がどれくらいなのかはわかりませんけど、人間が疲れ切る前にバッテリー切れということにはならないと思います。
004.jpg

ペン・・・は、自分のPaintMANの使い方で作業効率を最適化するために、Favoと同じくゴムグリップを使って太らせています。
005.jpg
というのも、グリップ付けて先端を重くした方が自分の手癖では一番効率よく作業できる(クリックの際に指の力を弱めて重力に任せてペン先を落とせるから指をほとんど動かさなくて済む)ので、一人で大量に素早く作業にはココは譲れないポイントなのです。

・・・が、このintuos、どうも構造上グリップを交換する前提ではないらしく、他の機種では回る先端ブロックが回りません。

スイッチ殺して無理矢理グリップを押し込んだら3/4くらいまでしか入らない。
006.jpg
仕方ないから皮かぶりになってしまったところを切って、あとは小刀で鉛筆を削る要領で傾斜をつけて、作業時でも先端が見えるように加工してあります。

普通の状態のペンと比べるとけっこう太って重心が前になっています。
007.jpg
Favoにしろこのintuosにしろ、この大きさで他の作業をやろうって気は全くなくて、大量に素早く彩色作業をするためのPaintMAN専用機材として割り切ってますので、思いっきり作業効率重視で色々と加工します。

実はタブの裏面も若干左に傾斜ができるように滑り止めマットを貼り付けてあったりと、完全にPaintMAN仕様にしてあるので、他の作業をやる時には別の普通の大きさのやつを使ってます。


実際に使う時にはライトボックスの上に真正面に置くのじゃなくて、マウスと同じくライトボックスの右側に置いて使います。
010.jpg
このため、普通のサイズのintuosシリーズだと左側がつっかえてしまい、作業領域が遠くなっちゃってダメなので、絶対にミニサイズじゃなきゃいけないのです・・・。

これはもう10年くらいかけてついちゃった手癖なので、道具を選ばないことにはどうしようもないから、用途別にタブレットを使い分けてます。
008.jpg
このFavoは2006年頃あたりから使ってる歴戦の相棒なのでちょっと寂しくもありますけどもうゴールしてもらいます・・・。

ペンのゴムグリップが朽ち果てて自壊するまでがんばってくれてありがとう・・・。


そんなこんなでintuosさんにバトンタッチなのです!
009.jpg



だそく。
posted by 家庭菜園 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | どうぐ

2014年01月15日

メモリ、出血大増設。

MacProのメモリを大幅増設。

なんと4GBを4本も増やすという大盤振る舞い!
しかも入っている1GBを4本全て引っこ抜くという暴挙!

ただし、『白黒つけ魔性』の発売直前で財布はジリ貧だ!!

でもクレカの引き落としは3月だからきっと大丈夫!!!


・・・という、冗談抜きでここ3ヶ月ほどは貯金を切り崩して生きている家庭菜園の絵描きじゃない方DEATH。

001.jpg
使うメモリはPowerMacの頃からトランセンド指名買いなので、今回ももちろん無期限保証のトランセンド謹製メモリ。

そろそろ4GBの価格が底値から動かなくなったので次回作準備期間中に交換。

ドーターボードを取り出して、デフォルトで入ってたお役御免の1GBを4GBにサクッと交換。
002.jpg
初期に入れ替えた2GBがまだ2本残ってて美しくありませんが、一応コレで最適パフォーマンスが発揮できる所定位置に刺さっています(スロットごとに組み合わせ指定があるんですよ・・・)。


全部で28GB!
004.jpg
特にAEに関してはメモリを酷使するし、他の作業をバックグラウンドでやってると最悪落ちるので、最高にひいきして25GB割り当て。

実際はほとんど他の作業なんてしないんですけど、レンダリング中にネット見てて落ちたとかいうバカみたいな事を何度もやったので保険の意味も含めて。


PhotoShopはCS3での認識限界3GBのうち2.5GB割り当てで特に問題が起こった事はないけど、CS5では念のために倍の5GBを割り当て。
005.jpg
でも当面は手癖がついてるCS3を使い続けそうな予感・・・。


Media Encorderも結構ハードワークさせるから20GB割り当て。
006.jpg
これもネット使ってたらエンコードが狂った事があるので保険。


28GBということは今までの1.7倍くらいになったので、快適に作業できるといいな!
003.jpg


メモリ代のクレカ引き落としの前の2月6日(木)発売予定の『白黒つけ魔性 -桃色動画感館-』をよろしくお願いします!(切実)





『白黒つけ魔性 -桃色動画館-』

ダウンロード版 2014年2月6日(木)発売予定
予価 1800円(税別)
posted by 家庭菜園 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | どうぐ

2013年12月29日

作業用ソフトのバージョンアップとスキャナ交換。

『白黒つけ魔性』の作業の中ではこれ以上スキャンする素材は何もないので、かねてから更新したかったスキャン環境の一新にとりかかりました。

部屋を思い切って片付けたついでとも言います。

あと半年ほどで家庭菜園はサークル活動10周年を迎えるわけですが、それまでの約9年半、アニメ制作ソフトのRETASについては全く環境を変えずに突っ走りました。

ひたすら使い続けたスキャン&トレスソフト、TraceMAN ver5.x。
109.jpg

これがあまりにも古すぎて、最近売ってるスキャナのドライバに対応せずに、機材の更新が不可能という有様になってしまいました。

スキャナは2006年からずーっとEPSONのGT-F650を使い続けていて、販売終了予告が出るや否やすぐさま1台買い足し、だましだまし2台体制で作業してきましたが、とうとう2台ともセンサーがイカレたようで、スキャン位置が左にずれるわ、色がおかしいからトレスに支障が出るわでとうとう限界。
108.jpg

作業の区切りもつくことだし、かねてから用意だけはしてあった新型機、GT-F740に交換を決断・・・・・・したのがさらに半年くらい前で、移行準備として色々と試してみた結果、TraceMAN ver5ではGT-F740はドライバの関係で使えない、TraceMAN ver6ではこれまたドライバの関係でGT-F650が使えない。
110.jpg
こうなるとスキャナとソフトのバージョンを両方一気に上げるしかないけど、だからといって途中から環境を変えるとなると、万が一の事態が不安だわ、慣れるまでに時間がかかってイライラするのは目に見えてるわで、完全に区切りが付くまで保留して、ようやく今日。


まずはタップの貼り付け。
102.jpg
タップ位置がずれないようガッチリ固定するために、両面テープをベッタベタに張りまくります。

そして仮留め。
103.jpg

安全フレームまでスキャンできる位置かどうか、実際のレイアウトを置いて確認。
105.jpg
向かって左側が微妙にズレてたので、この後で修正しました。


フタが閉まることを確認。
104.jpg
実はこのフタ、タップの突起のせいで、A4スキャナだと閉まらないものがほとんどなんです。

だからフィルムスキャン機能なんて必要ないのに、蓋の分厚さとタップの突起が収まる隙間があるという理由だけでフィルムスキャン機能付きのスキャナを選ばざるを得ないという、なんとも無駄な出費を強いられます。


水平、垂直の確認。
107.jpg
これを怠ると、延々と斜めに曲がった動画を使う事になってしまいまふ・・・。


もう一回別のカットでタップ位置を確認。
106.jpg
・・・で、スキャナの方は終了。


あとはTraceMAN側でフレーム位置とかスキャン解像度とかトレス設定とかを、ごちゃごちゃごちゃごちゃごちゃごちゃごちゃごちゃ設定していきましたけど、書いたところでアニメ作らない人には全く分からない話で面白くもなんともないので割愛。


当面はこの設定で作業していって、あとは煮つめていって完全移行となる予定です。

これで問題なければ同機種のスキャナをもう1台買い足して、今後またあと10年は戦える・・・はず!

長い間おつかれさま、GT-F650。
101.jpg
万が一の事故がおこらないとも限らないので、しばらくは保管しておきます。


そんなGT-F650で作った最後の作品、『白黒つけ魔性 -桃色動画館-』

2014年2月上旬発売予定。
予価1800円(消費税別)

プロモーションムービーも公開中!



だそく。
posted by 家庭菜園 at 23:51| Comment(5) | TrackBack(0) | どうぐ